【2018年更新】インキュベクス・ケアーズ訪問看護の評判・口コミ|開業支援頼むべきか

この記事を見ている方は、訪問看護業界に新しく参入しようとされている、もしくは医療従事者で訪問看護ステーションを立ち上げることを検討している方かと思う。

また、立ち上げに際し、開業支援コンサルの方に頼もうか検討している方かと思う。

 

まずは「訪問看護領域に参入する見込みがあるのか」について記述し、そのうえでインキュベクスについてまとめようと思う。

 

# 診療報酬や国の方針から見る、訪問看護の展望について

2018年の診療報酬の改定で、益々在宅医療に追い風が吹いている。その中でも訪問看護は点数が軒並み上がり、益々訪問看護の成長が見込まれる。

 

そんな注目の訪問看護だが、今後どのように市場が推移していくのかについて、国のアクションプランとして、以下を掲げている。

 

団塊の世代が後期高齢者になる2025年までに

  • 訪問看護師を15万人増やす
  • 訪問看護ステーションを10,000件増やす

http://www.jvnf.or.jp/2017/actionplan2025.pdf

 

 

今、訪問看護ステーションは目標数に到達しつつあるが、まだ絶対数が足りない見込みで、年間1,000件増えている状況で、今後も増加することが見込まれる。

とはいえ、新規開業している事業所のうち、100-200件が廃業している状況との報告がされている。

数字から経営は容易ではないことがわかる。

 

 

開業するときに皆さんが目にするのはケアーズグループを展開しているインキュベクスだと思う。

 

ノウハウ商材はしっかりと作り込まれており、営業のマンパワーも大きい。マーケティングもしっかりしていて、存分に広告費を投下して「訪問看護 開業」などで検索するとリスティングで必ず上位に表示される会社だ。

 

f:id:koji6213:20180406022848p:plain

インキュベクスは訪問看護ステーションの開業支援をしている会社であり、最近だと高齢者向けのシェアハウスや療養型通所介護の開業支援などもしている。

 

今回この会社のビジネスモデルや事業内容について、また私的な所感をまとめてみようと思う。

 

 

# インキュベクスの事業モデル

・ インキュベクスは訪問看護や介護施設の開業支援をしている会社である

・ 訪問看護に関しては"ケアーズ"という暖簾を出している

・ 基本的に自社では店舗を持たず、商材を作って経営者に売っている形である

・ 最近始めている介護施設や療養通所介護では自社で一部設けている様子

・ 商品内容は開業支援と月次のサポート

・ 開業支援の内容はざっくりと以下、

 ・ 商圏マップ(ワムネットをクロールして作った程度)

 ・ 開業手続き

 ・ 事業計画書(半年で黒字化できるようにシュミレーションされている)

 ・ 開業までのFAQ

 ・ 開業までのバックログ管理

 ・ 算定や開業についてのコールセンター

 ・ 管理者向け、医療者向けのオンラインセミナー

 ・ ケアマネ向けの営業ノウハウ

・ 月次のサポートは上記すべてが継続して使えるのだが、開業してしまえばほぼ使うことはない気がする

 ・ コールセンターと新人が入ってきた際にオンラインセミナーが使えるぐらいしか意味はない

 ・ あとで述べるがこれで月8万円をとられるのはかなり経営を圧迫すると思う

 

# インキュベクス事業規模・ビジネスモデル

- インキュベクス経由での訪問看護ステーションの新規立ち上げは毎月10件を超えており、全国の新規開業数の20%以上を占めている(全国が大体800-1000件)
- 契約事業所数は累計で700件を超える(待ち&閉鎖含む)
- 収益は、初期費用400万と月々のサポート料金8万
- 売り上げは初期費用分で年6億だが、継続率が1/4程度なのでサポート料の売り上げが年2億弱
- 診療報酬改定もあり、かなり広告費をかけて刈り取っている

 

# ケアーズ契約者の退会について

- ケアーズの一覧をみた限り大体20-30%しか契約を更新していない模様
- 退会する理由は以下
 
公にすると色々とよろしくないと判断して、続きはノートにまとめた

インキュベクスの方針・ビジネスについて|Koji Sasaki|note

 

 

# ケアーズ契約者の口コミ・評判について

ネット上にはインキュベクスやケアーズの評判の悪さが目立っているが正直、インキュベクスだけの問題ではない気がしている。インキュベクスの商材は作り込まれているし、広告や営業などマンパワーはすごいかけている。ノウハウもしかり、この業界で実績を積んできていることは事実だと思う。

 

実際、訪問看護の人材が今みたいに集まらなかった際に、給与単価のテーブル(1訪問4000円~)を決めたのは彼らインキュベクスで、現在それがスタンダードになってきている。

 

まあだいぶ割高だが笑、彼らが言う時間をお金で買うというのはあながち間違ってはいない。自分の時間価値を考慮したうえで、判断するのがいいと思う。

 

ただ、開業してからランニングコストは絶対下げたほうがいいので、自分だったら知り合いの開業経験者に依頼する。もし、コネがない方は複数事業所の立ち上げを経験している人を紹介できるので是非お声がけください。

 

まとめると、インキュベクスさんはお客さんを選んで商材を売ることをしていればこのような悪い評判を生むことはないのになと感じる。