【書評】きゃりーぱみゅぱみゅのブレイクには戦略があった!byこれ、いったいどうやったら売れるんですか?

今、書店のマーケティング関連のコーナーで平積みされているこちらの本。

これ、いったいどうやったら売れるんですか? 身近な疑問からはじめるマーケティング (SB新書)

 

昨日、立ち寄った本屋さんのマーケティングコーナーでブラブラしていた際、広末涼子が表紙に出ていて目に留まってページをめくってしまった。

結論、読んでみて広末は、本の内容と全く関係なかったです笑

なんで広末?なんで広末?と思い、ページをめくりましたが、結局どこにもそのアンサーはありませんでした笑

 

ただ、読み終わる頃には、なぜ広末を表紙に載したか著者の意図がわかると思います。まさに本の中で紹介されているマーケティング手法が使われています。

想定する読者のターゲティングがしっかりしています。まんまと引っかかってしまったと感じます。

 裏表紙の広末の姿はちょっと謎のままでしたが。。

 

こちらの本では、マーケティングに関する知識が広く学べると思います。

またうまくいっている会社の戦略や、身近な事例が多く紹介されているため、自分の経験に基づき考えることができ、とても参考になると思います。

 

異動などでマーケティングを勉強する必要がある方、SEOは知ってるけど実はマーケティングについて体系的な勉強をしておらず知ったかぶりをしてしまってる方、是非読んでみてください。

 

内容は初心者向けなので、マーケティングを実務にしていない方でもさらっと楽しく読めると思います。

 

以下、本の内容を簡単に紹介します。

 

第1章 バリュープロポジションと新たな市場を作ることの重要性

第1章 腕時計をする人は少ないのに、なぜ腕時計のCMは増えているのか?
(この章で学べること:コモディティ化/バリュープロポジション/ブルーオーシャン戦略/マーケティングミックス) 

腕時計を例にとって、昔と今の商品設計とマーケティングの違いを説明しています。

 

昔の腕時計に対するニーズは「正しい時間がわかること」でした。

しかし、現代では正しく時間を測ることはもちろん、スマホの普及により、正しい時間を把握することは容易になり、腕時計を必要としなくなりました。

 

そこで、今腕時計で売り上げている会社は、今までのような正しく時間がわかることを追う時計を作るのではなく、腕時計×〇の組み合わせにより、ユーザーの新しいニーズに対するサービスを提供することで、腕時計の新たな市場を形成しています。

心肺機能を強化する腕時計などが例であげられています。

 

第2章 顧客生涯価値を考えてアプローチをすることが大事

第2章 人はベンツを買ったあと、どうしてベンツの広告を見てしまうのか
(認知的不協和/顧客ロイヤルティ/顧客生涯価値/顧客満足の仕組み/ブランド資産)

 

ここでは、ベンツの例を挙げて新規購入後の顧客満足度に配慮することの大切さを述べています。

 

人は大きな買い物をした後は不安になります。

「本当に買っても良かったのか?」

「不具合はないのか?」

などなど、購入後も気になって商品ページをのぞいてしまうようです(自分には当てはまらないのですがw)

 

この不安感を取り除くために、先回りしてアプローチをかける必要があります。

なぜなら新規購入後にさらにリピーターになってもらうことで、一人当たりの購入単価が引き上げられるためです。

さらにリピーターからブランド信者になってもらうことで、周りの方にも商品を勧めてくれさらなる広告効果がでてきます。

 

アプローチする際は、

潜在顧客 → 見込み顧客 → 新規顧客 → リピーター → 贔屓客 → ブランド信者

各フェーズによって"かける言葉"を変える必要があります。

場合によって"手段"も変えたほうがいいでしょう。

その具体例が本には記載されています。

 これ、いったいどうやったら売れるんですか? 身近な疑問からはじめるマーケティング (SB新書)

 

第4章 価格決めの重要な視点

第4章 あの行列のプリン屋が赤字の理由
(価格戦略/価値基準型価格設定/コスト基準型価格設定)

 

価格決めがいい加減な企業が日本には多いと述べられています。

読んでいてまさにと思いました。

特に医療現場は、コスト感が全くないよなと感じました。

患者さんが良くなるということはわかっても、人件費含め日々の業務のコスト換算が全くできていないため、自己犠牲になってしまっています。

 

価格を決める視点として、"価値基準型価格設定"と"コスト基準型価格設定"があります。

どちらの考え方で価格を決めたほうがよいか、また決めるにあたって戦略が大事であると述べています。

  • 提供するターゲットをどこにしぼるのか
  • 絞るにあたって価格設定はどうするか
  • 決めた価格で売り上げを伸ばすためには、提供手段をどうすればよいか

 

第5章 チャネルとランチャスター戦略

第5章 セブンの隣になぜセブンがあるのか
(チャネルの考え方/チャネルコンフリクト/ランチェスター戦略/外線戦略・内線戦略)

この章では有名なセブンイレブンの事例を例にして、ユーザーにどうサービスを提供するかを考えることが大事と紹介されています。

セブンは地域密集型で店舗を構えており、以下のメリットを十分に発揮して売り上げを伸ばしています。

  • その地域のユーザー特異的な商品を提供する
  • 地域に最適化した広告を打つことができ、かつ店舗が密集しているため、効果を高めることにより広告コストを下がる
  • 店舗密集により商品配送コストを極端に下げる

それだけではなく、地域やユーザー属性を丁寧に取得していることによって、商品設計にも役立てているようです(このデータをメーカーがこぞって欲しがっている)。

 

初めて知ったのですが、買い物をしたお客さんの年齢と性別をレジで入力しているようです(通称「年齢ボタン」?)。

ピンク色と水色で性別がわかれ、年齢は4段階ぐらいに分けられています。

これにより、20代の男性が何時頃にどういったものを買っているかが把握できます。

これは素晴らしいマーケティングですね。

ちなみにこの本を読み終わった後、セブンでどのボタンを押されるか注意深く確認しましたが、私は20代男性のボタンが押されていました(まだまだイケると確信しましたw)。

 

 

 

第6章 戦略について

第6章 女の太った財布には何が入っているのか?
(競争戦略(コストリーダーシップ、差別化戦略、集中戦略)/規模の経済、経験曲線/顧客開発プロセス)

こちらの章のはなまるうどんのキャンペーンの例はとても参考になりました。ぜひ本を読んでください。

 これ、いったいどうやったら売れるんですか? 身近な疑問からはじめるマーケティング (SB新書)

 

第7章 イノベーター理論とそのアプローチ方法について。キャズムをどう超えるか?

第7章 きゃりーぱみゅぱみゅはなぜブレイクしたのか?
(イノベーター理論/キャズム理論)

ブレイクする過程でサービスを利用するユーザーには特徴があります。

この特徴をよくイノベーター理論で紹介されています。

http://naruhiko1111.com/wp-content/uploads/2013/02/Inovation.jpg

 

イノベーター

  • 新しい物好きな人たちです。
  • ただ、世間一般とはやや価値観がずれているので、イノベーターが商品を購入した所で、そこまで市場を大きく動かすことが出来ません。

アーリーアダプター

  • イノベーターほどではありませんが、最新の情報を常にチェックしており、新商品の導入には前向きです。

アーリーマジョリティ/レイトマジョリティ

  • この層は新商品の導入には控えめで、決して自分から商品を試してみようとはしません。
  • アーリーアダプターが利用して、安心に感じてから&周りがようやく使っているのをみて興味を持ちます。
  • この層を抑えることができるとかなりブレイクしたといえるでしょう。

ラガード

  • どうがんばっても利用しない人です。諦めましょう


アーリーアダプターからアーリーマジョリティへの移行には壁があり、これをキャズムと呼びます。

きゃりーぱにゅぱにゅのヒットには、キャズムを超え、ブレイクをさせるための戦略が隠されていたと記載されています。

青文字系のファッションの先駆けであり、世界に"kawaii"を広めた立役者です。

詳しくは本をご確認ください^^

 

紹介しきれない点が多々ありましたが、詳しく知りたいなと思った方は、ぜひ読んでみてくださいね!

 

これ、いったいどうやったら売れるんですか? 身近な疑問からはじめるマーケティング (SB新書)

 

【起業・新規事業】ビジネスモデルを考えることより大事なことがある。ビズリーチ南さんが語る転職業界での起業話

ビズリーチの南さんのセミナーに参加したので、以下にメモを残す。聞き間違いなどある可能性あるので、ご了承ください。起業背景や新規事業を考える際に大事にしていることはとても勉強になった。


◆ビズリーチ起業背景

- 楽天の事業が上手くいき落ち着いたので、次の転職先を探していた
- 島田さんにオススメをされて転職エージェントに聞いてみた
- 転職エージェント27人に毎日1人ずつ聞きに行った
- 1人目にはいいところがあるとebayを勧められた。結果、27人全員に聞いて全員違う案件を紹介された
- 自分としては良かったけど、何か違和感を感じた
- その違和感とは、全員違う案件を紹介されたこと
- その違和感が気になり、楽天の島田さんに聞きに行き、転職業界の事業モデルや背景を教えてもらった
- 失礼ながら島田さん(元インテリジェンス創業者)に以下の質問をした
- 求職者はただの人材会社の仕入れでしかないのでは?
- 求職者と採用会社はそもそもニーズがマッチしてるのになぜシンプルにやりとりできないのか?求職者に転職情報が流れてこないのか
- 小売業界もそうだったけど、eコマースによって商品の見える化を行い店舗と消費者をつなぐことができた。このモデルがなぜ転職業界で出来ないのか?
- 面白いからやってみたらと言われ、なぜこのようなことが起きているのか、またビジネスチャンスがあるか調査を始めた


◆ 新規事業をする際の考え方

- 楽天で三木谷さんの元で新規事業を考える際に結構怒られて鍛えられてきた。新規事業を提案した際に言われた印象的なエピソードがある

- 「俺は、お前のビジネスモデルを聞きたい訳ではない。聞きたいのはなぜこのビジネスモデルが世にないかを調べることが大事だ。」
- 新規事業を考える際に大事なことは、考えたビジネスモデルが世にない理由を探すこと
- 理由は大体以下2点であることが多い
- ① 果敢に挑戦しているが、皆失敗している
- ② できない理由がある。そしてその理由は大体「規制」にある
- その理由を知るためにその業界の「歴史」を知ることが大事


◆ 転職業界の歴史

 

- 転職業界について調べた結果あることがわかった
- 転職業界は調査当時(2009年ごろ?)と10年前で市場は10倍ぐらい伸びていた(←聞き間違えてるかも)
- 市場のうち調査当時もその10年前も、リクルートが市場の6割を独占していた
- その他の4割も伸びているため、その企業を調査してみた
- すると4割のうちほぼ以下の会社が占めていた
- インテリジェンス
- enジャパン
- なんとか
- なんとか
- しかし、この4社はすべてリクルートのOBで、同じビジネスモデルだった。つまり、市場のほぼ全てをリクルートのビジネスモデルを占めていることがわかった
- そのビジネスモデルとは、「採用会社と求職者の間の情報がブラックボックスであればあるほど人材会社が儲かる」というもの
- これは日本固有のものなのかどうか海外を調査したら、すでにこの課題を打破していた以下の企業がいて急成長していた
- indeed
- monster
- hogehoge × 2
- この事例を参考にして、求職者と採用会社とが直接やりとりできるプラットフォームを作ろうと思った

◆ 起業時、印象に残ったこと

- ある地方の企業にビズリーチを使わないか営業に行った際に、優秀な人材が採用できるはずがないと一蹴された
- ただ、良いから使ってほしいと懇願したら、採用できた。採用できたことにその企業は大変驚いていた
- なぜ今まで採用できなかったのか、丁寧に説明したことを覚えている
- 優秀な人材Aがいた場合に、中小企業、大企業、メガ企業の給料に差が出る。もちろんメガ企業→大企業→中小企業の順に給料を高くだすことができる
- その場合に人材会社は手数料が多くとれるメガ企業から順に紹介したほうが、儲かる。結果、中小企業には良い人材が回ってこないのは必然
- 今回は、人材会社を通さずに直接やりとりを行ったことによって良い人材を採用できたのだ

◆ ビズリーチのビジネスモデル

 

- 求職者と採用会社を直接繋ぐダイレクトリクルーティング
- これにより、以下のように課題が解決された
- 求職者はより多くの案件を目に触れることができる
- 採用会社は中小企業でも良い人材に会える
- 採用会社は固定費を払えば、半年間求人データベースを見ることができやりとりができる。採用が決定すれば成功報酬を15-18%もらう。求職者に関しても特別求人に関しては有料会員を設けている

◆ ビズリーチの立ち上げ時の成功要因は?

 

- 求職者と採用会社をどちらを先に集めたかだが、両者は鶏と卵の関係にあるが、ビズリーチの場合は求職者を先に集めた。自分の近しい仲間などに登録してもらい集めた
- またマーケティングをインハウスで行い、比較的安価で集客できたことも大きいと思っている
- ちなみに日本の広告業界は歪。これはGoogle社員も現状について怒っているとのこと
- 会社が顧客に対して直接訴求できるようにシステムを作っているのに、日本の広告業界がほぼ広告代理店を通すのが当たり前になっている
- インハウスですることによって改善スピードは上がるし、社内にノウハウが溜まるので会社の資産になる




【保存版】SEO対策ツール「ahrefs」で競合分析とキーワード選定を効果的に!「Keywords Explorer」とは?データの見方を紹介

SEO対策をする上で重要な指標である被リンクを分析するツールとして有名な「ahrefs」ですが、ダッシュボードが新しく使いやすくなったり、流入キーワードの精度が向上されていたり、Content Explorerとよばれる競合サイトのコンテンツを分析できる機能が追加されたりなどなど、、最近目覚ましいぐらいに機能が拡充しています。 

Content Explorerの使い方につきましては以前こちらの記事で紹介していますので是非ともご覧ください^^

blog.kojisasaki.com

今回はahrefsのツールの中でも「Keyword Explorer」というツールの有効的な使い方を紹介したいと思います。何かコンテンツを書くときにどうやってキーワード選定していいかわからない方もいらっしゃるかと思いますが、Keyword Explorerはそんな時にとても役にたつツールとなっています。

 

SEO対策をする上でキーワード選定に必要なことは?

コンテンツを作る際にそのコンテンツが狙うべきキーワードを戦略的に選定する必要があります。選定する上で必要な要件はおおまかに以下の3つの事柄があるかと思います。

① キーワードボリューム(クエリボリューム)

こちらにつきましては皆さん周知だと思いますがニーズがないもの、検索される回数が少ないテーマを選定しても集客には繋がりませんのでニーズの把握する必要があります。Googleのキーワードプランナーがよく使われます。

② 競合度合い

この競合度合いを把握することがSEO対策・コンテンツマーケティングをする上で特に大事であり、よく見過ごされやすい点かと思います。

当たり前ですが、キーワードボリュームが多いキーワードは集客が見込めますが、大手サイトなど競合が対策している可能性が高いキーワードになります。また収益性が高い(コンバージョンにつながる)キーワードは、キーワードボリュームに対して競合が多く存在するため競合分析・調査をしないままコンテンツを制作をするとコストがかかるだけになってしまいます。

ですが、競合の度合いを把握する方法は正確にはないのが実情です。近年Googleがドメインランク(サイトのパワーをあらわす指標)の公開を終了したことから、さらに競合の強さを把握する指標がなくなりました。そんな中、ahrefsは独自に被リンク状況などからドメインランクを公開しているため、競合の強さを把握する上でとても有効です。

 

③ ターゲットユーザーのニーズを踏まえたコンテンツが作れるかどうか

実際に狙いたいキーワードを見つけたとしてもそのニーズに対するコンテンツが作れないと意味がありません。タイトルだけにそのキーワードを入れて本文の内容では触れていないといった釣りタイトルをよく見かけますが、読者にとってもSEO対策をする上でもよくありません。ニーズに対してちゃんと応えられるようなキーワードを選定するようにしましょう。

 

以上、簡単に3点挙げました(キーワード選定をする上でのポイント、コツ・ノウハウなど詳細につきましては別の機会にまとめたいなと思います)。

 

上で述べたように、確実な方法がない競合度合いを把握することが難しいためahrefsのようなツールは分析をする上でとても参考になります。では詳しくahrefsについて紹介していきます。

続きを読む

被リンク分析ツール「Ahrefs」がパワーアップ!Content Explorerとは?使い方を紹介!

SEOの被リンクなどの分析ツールである「ahrefs」に新しいツール「Content Explorer」がリリースされました。 狙いたいキーワードの競合サイトの推定流入数、被リンク推移、ドメインランクなどが分析できます。コンテンツ作成する際にキーワードプランナなどで狙いたいキーワードを決めたあとの競合分析として有効なツールですのでぜひチェックしてみてください。ここではContent Explorerの詳しい使い方について説明していきたいと思います。

 

そもそもAhrefsとは?読み方は「エー・エイチレフス」

そもそもAhrefsについてご存知ではない方もいらっしゃるかと思いますので、Ahrefsについて簡単に説明したいと思います。Ahrefs(エーエイチレフス)とはウクライナにあるAhrefs社が開発したツールで独自のbotが各WEBサイトを巡回することで被リンク(バックリンク)を調査することが可能となっています。巡回しているWEBサイトの網羅性が高いため、自社の被リンクを調査するだけではなく競合の分析にとても役立つツールです。以下に挙げたように被リンクだけでなくその他多くの指標、機能がありとても有能なツールです。

  • 当社共同開発によるサイトレーティング → ahrefs rank
  • 被リンクの生データ(いつ・どこからされているか)の公開
  • 各サイトのfacebookやtwitterといったソーシャル分析
  • htmlのマークアップ評価(メタタグの重複やhタグが適切に使われているかどうかなど)

日本ではフルスピードがahrefsを提供しています。機能に制限がありますが無料でも公開しています。

Ahrefsの新規にアップデートされた「Content Explorer」とは?

以前よりContent Explorerは機能としてありましたが、今回使い勝手が更に良くなりました。詳しくその機能についてみていきましょう。

AhrefsのContent Explorerの使い方、見方

  1. DashbordからグローバルナビにあるContent Explorerをクリックします

    f:id:koji6213:20160508030312p:plain

  2. クリックすると検索窓があらわれますので、調べたいキーワードを入力して検索します

    f:id:koji6213:20160508030422p:plain

  3. そうすると検索結果にキーワードに関連したコンテンツが表示されます。各コンテンツの様々な情報が表示されています。

    f:id:koji6213:20160508030933p:plain

    どのような情報が得られるか詳しく見ていきましょう。

Content Explorerでコンテンツごとの競合分析(ソーシャルや被リンクの分析)が簡単に把握できる

Content Explorerでキーワードに関連した競合のコンテンツからどのような情報が得られるのか確認していきたいと思います。

f:id:koji6213:20160508031828p:plain


それでは順番にみていきましょう。

  • コンテンツのtitle、URL、description、サムネイル画像
  • ドメインランク(DR):
    おそらくAhrefs Rankの数字
  • 被リンクされたドメインの数(Ref.dom.):
    そのコンテンツが被リンクされたドメインのユニーク数で、今までの累計でなく、現在生きている被リンク(リンク切れのない)の数を指す
  • 推定の検索流入の数値:
    Ahrefsオリジナルの数字で値が大きいほど流入が多い
  • twitter、facebook、Google+、Linkedinなどのソーシャルカウント
  • 被リンクされたページ数(Ref.):
    上のRef.dom.は被リンクされたドメインの数だが、こちらはページ数を指します。つまり1つのサイトから多く被リンクを受けていた場合にこちらの値が多くなります
  • 配信日

これらの各指標ごとに昇順降順でソートがかけられ、好きな条件で並び替えができます。またページ上部にあるPeriodで期間を絞ればある一定期間の分析が可能になります。これだけでも十分に情報が得られるのですが、さらに以下のような機能があります。

Content Explorerでコンテンツごとの被リンクの推移がわかる

 狙いたいキーワードに関連したコンテンツのデータの推移について詳細に分析したい場合はページの右端にある矢印のボタンをクリックします。

f:id:koji6213:20160508034140p:plain

そうするとコンテンツごとの被リンクの推移やソーシャルでのバズっている様がグラフで視覚的に提示してくれます。

f:id:koji6213:20160508034348p:plain

  • いつどのタイミングで被リンクがついているのか(ドメイン・ページ)
  • 検索流入と検索キーワードの数の推移
  • ソーシャルカウントの推移

がわかります。個々のデータの推移を見比べることによって被リンクとソーシャルが検索流入にどのような影響を与えているのかが分かります。コンテンツごとの傾向を追い、新規にコンテンツを作成するときの企画として使うと良い気がします。


 

以上、Content Explorerについて簡単に見ていきましたが、Ahrefs社が動画を配信しておりますので興味ある方はこちらをご覧ください(*英語です)

 

youtu.be


ぜひツールを使い倒してみてください。そして何か有用な使い方があった際は教えてもらえると助かります。

では今日も素敵な良い1日にしていきましょう〜〜!!